FC2ブログ
RSS

2016年08月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • エリザベート王妃国際バイオリンコンクール優勝者ーレイ・チェン

    2009年のエリザベート王妃国際バイオリンコンクールに最年少出場で優勝したレイ・チェンは1989年、台湾で生まれた。その後、オーストラリアに移住した。。4歳より、バイオリンをはじめ、2008年メニューイン・バイオリンコンクールに優勝した。エリザベート王妃国際バイオリンコンクールに優勝後、日本音楽財団よりストラディバリウス「ハギンズ」を貸与される。現在は同じく、「ヨアヒム」を貸与されている。日本には...

  • 日本人初のパガニーニ国際バイオリオンコンクール優勝者ー庄司紗矢香

    前回はサルヴァトーレ・アッカルドだったので、彼のパガニーニのバイオリン協奏曲第1番も考えたが。ここは日本人で初めて、最年少、パガニーニ国際バイオリンコンクールで優勝を果たしたー庄司紗矢香による演奏をお届けする。1983年1月30日、国分寺市で生まれた。画家である母の留学に伴われ、イタリアの、3歳からシエーナに移り、2年間を送る。最初ピアノを習っていたが、キジアーナ音楽院のコンサートでヴァイオリン演奏...

  • パガニーニの再来ーサルヴァトーレ・アッカルド

    サルヴァトーレ・アッカルド (Salvatore Accardo, 1941年9月26日 - ) は、イタリアのヴァイオリニスト。近年ではヴィオラ演奏や指揮者も手掛ける。トリノ生まれ。驚異的なテクニックと、明るく澄んだ音色、美しく華麗な歌の魅力により、パガニーニ作品の演奏家として名高い。 ナポリのサン・ピエトロ音楽院でルイージ・ダンブロジオに師事し、のちにナタン・ミルシテインにも師事する。 1958年にはパガニーニ国際コンクールを17...

  • 若き才能ーユリア・フィッシャー

    1983年6月15日生れのドイツのバイオリニスト、ピアニスト。 4歳からヴァイオリン、ピアノを始め、ミュンヘン音楽大学でアナ・チュマチェンコにヴァイオリンを学ぶ。1995年のユーディ・メニューイン国際コンクール、1996年の第8回ユーロヴィジョン若手演奏家コンクールなど参加した8つの国際音楽コンクールのすべてで優勝(うち3つはピアノでの受賞)。YoutubeFaces of Classical Music より、ARv 提供...

  • イツァーク・パールマン 第2回

     前にお送りした「ユモレスク」の音色が美しいかったので、今回もパールマンをお送りする。 今回は同じ時に録画されたと思われる画像より「スラブ舞曲」である。ドボルザークの曲である。指揮は小澤征爾 が映っている。 パールマンの楽器は勿論、ストラディバリウスと思われるが、実はある時期に、ユーディ・」メニューインが所有していた「Soil」-ソイルというストラディバリウスの中でも、保存状態の良かった楽器をゆずられ...

  • 現在の代表的名バイオリニストーイツァーク・パールマン

     現代の代表的バイオリニストの一人であるイツァーク・パールマンは1945年8月31日にイスラエルのテルアビブで生まれた。 3歳でバイオリンを始めるが、4歳の時に小児マヒにかかり、下半身が不自由になってしまう。その後、アメリカ―イスラエル文化財団の奨学金をうけて、テル・アヴィヴ音楽院で学ぶ。10歳で最初のリサイタルを開く。13歳の時、アメリカの人気番組「エドサリバンショー」に応募して、1959年2月...

  • 超絶技巧を持つ マキシム・ヴェンゲーロフ

    マキシム・ヴェンゲーロフは1974年8月20日、ロシアのノヴォシビルスク出身のバイオリニスト、指揮者である。5歳より、バイオリンをはじめ、その後伝説的教師のザハール・ブロンに師事した。わずか10歳でポーランドのヴィエニヤフスキー国際バイオリンコンクールジュニア部門で優勝した。その後、イスラエルに移住したユダヤ系バイオリニストである。その後、モスクワやレニングラード(現サンクトペテルブルク)で凱旋コ...

  • アメリカのバイオリニストーヒラリーハーン

     きょうはアメリカの若手バイオリニストーヒラリーハーン(1978.11.27生)について紹介しよう。彼女は3歳11ケ月で、ボルティモアの音楽教室でバイオリンを始めた。最初の1年はスズキメソッド。10歳でフィラデルフィアのカーチス音楽学校に入学。17歳まで、ウジェーヌ・イザイ最後の門下生ヤッシャー・ブロッキーに師事。11歳で初リサイタルを開く。12歳でボルチモア交響楽団(小松長生指揮)と「サン・サーンスのバイ...

  • 題名のない音楽会ー中村紘子の演奏会を聴いて

     先日、他界されたピアニスト 中村紘子の特集をやっていた。 中村紘子さんは、日本音楽コンクールに最年少で優勝した後、NHK交響楽団のヨーロッパ演奏会のソリストに選ばれた。アメリカのジュリアード音楽院に留学し、その後ショパンコンクールにも4位入賞し、世界的に知られるようになった。 その後、ショパンコンクールやチャイコフスキー等の有名ピアノコンクールの審査員もい勤めた。その後第3回「浜松国際ピアノコン...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。